NON STOP SALSA

最近スパムコメントがやたらと多いので承認つきにしています。携帯で出先からもばしばし承認するのでコメントいただいた方は少しだけ待っててくださいな。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
051130.jpg

・イエローカリー
・ムーカイパロー

今年もあと1ヶ月。早いねぇ。
スポンサーサイト
このページのトップへ
我らがボビー先生が、Doubleというアーティストのプロモビデオに出演しています。

最後のほうの32秒あたりからちょこっと。白い帽子かぶってます。
このページのトップへ
051126_01.jpg
この箱にはいって彼ら(彼女も)はやってきた。


051126_02.jpg
蒸しあがったところ。仲良く2ペア。


051126_03.jpg
オスの甲羅をはずしたところ。これからがベストシーズンにはいる。


051126_04.jpg
こちらはメス。メスの季節はそろそろ終わり?

しかし今回はメスも侮れないと思った。いずれにしても至福のとき。 このページのトップへ
kyopon.jpg

W-ZERO3フィーバーのさなか、京ぽん2を発売日に入手。いろいろあって新規契約にしました。

だいたい連絡しつくしたと思うんだけど、まだ新しい番号とメアドの連絡いってない方、お手数ですが教えてください。 このページのトップへ
さて、最終日朝。

仕事は終了して今日は帰国のみ(しかも午後の便)、体調はよし、空腹、内容の悪くないバイキング。と条件がそろったら手加減する理由はなし。

というわけで勝負にでますかね。

051123_01.jpg
ひと皿目。フルーツ系のサラダになんだかソースがやたらとかかっただし巻き玉子。あとパンチーズ。洋風で攻める。アップルジュースを口に含んだら、なんとなく昨日の白酒の香りに似ていてげろげろ。白酒アップルジュースって香りが似てるよね、、昨夜の悪夢のようなシーンが蘇る、、、

051123_02.jpg
ふた皿目。ソーセージとレタス以外は中華のおかず。少しづつシフト。

051123_03.jpg
パンもうまし。

さて調子がでてきたところで3皿目とかおもってたら、背中をばしっと叩かれた。社長が「おはよう!」と上機嫌。

うわー、いっしょのホテルだったのか、、、、その後取締役現地の副総経理(元上司)も出現し、気楽かつ攻めの食事ができる雰囲気でなくなってしまったので3皿目は断念。

せっかくの朝食も仕事一色の話題となり、ちょっとがっかりでした。でも食べ過ぎなくてよかったのかも。


帰りの飛行機では終始寝ていたのでいつ食事が来たのかも気づかず。一瞬で成田。
このページのトップへ
そんなこんなもあってタクシーの中でも眠りこけながらなんとか新天地にたどり着きLaMaisonに飛び込む。ここは7月にも一度いってるので2回目。

051122_22.jpg
客席側から見たところ。こうしてみるとライブハウスっぽいね。でもステージの手前にダンスフロアがある。あまり広くはないけれど。バンドはたぶん前回いた人たちと同じだと思う。

到着したらSalshaさん、小町さんがいた。その後すぐにアンディさん、Tomomiさん、はぐれさんなども続々出現。平日のまだ火曜日だというのに上海サル友会のパワーを感じます。

白酒30杯のおかげで足元がおぼつかないので1曲目はおそるおそる。なんとかいけそうだったのでその次からは遠慮なくいかせてもらいました。(といいながらも自分自身のターンは少し控えめにする)

051122_23.jpg
少し怪しい雰囲気のカウンター。今回は女子高生コスプレ店員さんはおらず。少し残念。

小町さん、はぐれさんのお二方とは日本でも踊ってもらったことがあるけれど、Salshaさん、Tomomiさんとはかなり久しぶり。

でも面白いもので、踊ってみると体のほうが思い出す。そうそうこういう感じだったな~、と体が覚えている。少しうれしい。

途中バンドの曲はチャチャになったのでon2のチャチャのベーシックを踏んでいたらバンドのボーカルのおねえさんがステージから飛び降りてきて横にならんでいっしょにステップを踏み始めた。なかなか楽しい瞬間でした。

051122_24.jpg
華麗にターンをきめるSalshaさん。

また次回踊れるのはいつの日か。 このページのトップへ
さあ、夕食。今日の晩餐出席は今回の出張のミッションのひとつでもある。祝賀会の席。今までの出張での席ではもっとも人数が多い(40名ほど)。さて、はたして何皿でてくることやら。

051122_03.jpg
実は昨夜行った店の近くなのであった。

051122_04.jpg
正面から見た看板。実に堂々としている。

051122_05.jpg
なんだかそら豆を煮たようなの?

051122_06.jpg
いか燻のぶつぎりときのこのあえもの。

051122_07.jpg
定番のくらげとレンコンの甘煮。このあたりまでは余裕。

051122_08.jpg
鳥とうずらの卵とエビ。時期が時期なので鳥はちょっと控える。

051122_09.jpg
出たー!悪魔の酒、白酒!各テーブルの真ん中に一本づつ置かれ、威嚇しているかのようだ。でてくるやいなや一同苦笑い。

051122_10.jpg
豚。もうどこかどうなっているかさっぱりわからないがかなり塩辛い味付け。肉って感じ。

051122_11.jpg
そろそろ白酒がつがれはじめた。あたりにただよう甘い香り。一杯のんでみた。しっかり舌と鼻で味わって飲む。ぐはー、やっぱだめだ。今まではどんな宴会でも3杯ぐらいで許してもらっていた。この匂いがどうしてもだめ。味もおいしいと思えない。おまけに度数が強力(といっても今日の白酒は38度とかなり控えめ。いつものは50~60度はある)。

今日は体調もベストではないのでこの1杯だけで許してもらおう。




、と思っていた。

051122_12.jpg
定番のエビ。殻をむいて酢につけてぱくっといく。おいしいのでたくさん食べる。

051122_13.jpg
アスパラ炒め。

051122_14.jpg
よくわからんが肉を辛く煮付けたもの。煮込みみたいな感じ?かなり辛い。


このあたりで白酒の乾杯合戦が勃発。まさに合戦と呼ぶにふさわしい様相だ。3人ぐらいのグループが自分のグラスと白酒のボトルを持って、乾杯しましょう、といろんな人を回る。

自分の前にもこのようなグループがたくさん、、、いやむしろ、順番待ち行列ができるぐらい。

あたりでがんがん火花を飛ばしながら白酒イッキ合戦が開かれていて自分も断るに断れない雰囲気になってきた。意を決して一杯いく。もう味わったら負けだとおもって呼吸を止めて鼻と舌を殺した状態にしてぐいっといった。あれ?飲めちゃう??

結構いけるかな?と思って乾杯を受け始めた。しかし、危険きわまりない行為であることは明らかである。さらに今晩はこの宴会の後サルサするつもりなので飲みすぎ食べすぎはまずい、、という考えが頭のすみをよぎるが、乾杯行列の中には今年何度も監査などで苦しめたメンバーの顔が、、、、満面の笑みとグラスを従えてこちらを見つめている。。。

ああ、これは受けて立つしかないか、、、いきますよ、いきましょう!


10杯目ぐらいまでは数えてたけども、そのあとはわからず。

いろいろ席を替えて逃げようとしたりもしたけども攻撃をかわすことは不可能、たぶん30杯ぐらいはイッキしたはず。

051122_15.jpg
麩と青梗菜??

051122_16.jpg
ヒラメに見える?

051122_17.jpg
よくわからないがひたすら辛そうな料理。このあたりになるともう料理に何が出たとか全く覚えてない。食べたかどうかも。写真だけがたより。

051122_18.jpg
カニが抱き合ったようになっていますね。

051122_19.jpg
これは何のスープだっけか?

051122_20.jpg
とっくに終了しているので一口も食べれず。

051122_21.jpg
揚げ餃子っぽい。


デザートは出なかったと思う。

白酒の回り具合とおなかの終了具合から考えて今日はもうサルサ出撃は無理か、、と心が折れ始めた。周りの上役からも次のカラオケの席に誘われ始めた。ああ~もう今夜はサルサ無理だーと思い始めた矢先。

日本から同行した同僚がはげしくつぶれていてどうにもならない状態。

そうだ!彼を介抱することにして抜け出そう!!!


周りの上司たちのその旨をつげ、彼の腕を肩に担ぎながら店脱出。もう彼はすでに何度も吐いているがまだ波はきそうなのでタクシーは無理。2ブロックほど先のホテルまで徒歩で行く。普通なら30分ぐらいでいくはずのところを倍ぐらいの時間をかけてゆっくりと歩く。意味不明なことをつぶやきなかなか歩こうとしない彼にも少し感謝の気持ちを感じながら担いで歩く。

やっとのことでホテルまでたどりつき、彼がなくしたカードキーの再発行をフロントにお願いして、部屋までつれていった。彼をベッドの中に放り込み、枕元にミネラルウオーターを何本か置いて、自分の部屋に戻りしばし考える。

この状態で踊りに行ってホントに大丈夫かな~。しかしここまできて断念するのももったいなさすぎる。小一時間ほどあるいたせいで酔いとおなか具合も小康状態。ラメゾン(今日行こうと思ってた店)はタクシーにのっても結構時間かかるっぽいからその間にも回復するだろと計算。えーいいっちゃえ!踊れなかったらそれはそれでしょうがない!!

と友人たちに連絡をし始めたのでした。 このページのトップへ
仕事日の朝食。

051122_01.jpg

食べすぎから体調を崩すことの多い中国出張。バイキング(しかも充実)といえど控えめな量でがまんして体調確保に努める。



051122_02.jpg

昼食。いつもの食堂。味はこういう食堂のごはんとしては上々。ただ量が爆発。これでもかといわんばかりに盛られる。ごはんを残すのはキライなので頑張るが、夜のことも考えて少し残してしまう。不本意。 このページのトップへ
今日の晩御飯は上海人家
051121_01.jpg


051121_02.jpg
最初の突き出し?ピクルスとピーナッツ。よくあるやつ。


051121_03.jpg
冷菜系。たけのこの小さいようなやつが面白かった。皮がとりにくいのでビニール袋を手にはめて、皮をむいて食べる。味はたけのこそのもの。


051121_04.jpg
白玉と栗でいきなりデザートか!!!と思ったらそうではなくて、なんだか芋のようなレンコンのような。わりとさくさくしている根菜系。ほんのり甘い味付け。以前食べた蘇州料理のようでした。


051121_05.jpg
これはまったく中華料理と思えない。エビが、ガーリックともやしの沈んだたっぷりのオリーブオイルの中にたっくさん。赤唐辛子?で辛味もばっちり。全くイタリアンのようでした。これって中華料理なのかな??ガーリックもほくほくで10個ぐらい食べた。明日一日中打合せあるけどまあいいや。おいしかったよ。


051121_06.jpg
紹興酒。よくわからないけど8年もの?ほどよくまろやか。


051121_07.jpg
かぼちゃの煮つけ。メニューにあるのはもっとかわいらしい切り方と盛り付けだったのに、到着してみると豪快だった。量も思ってたのより倍ぐらいある。がんばって食べました。これもイタリアン風味付け。うーむ、最近はこういうのが流行っているのか、、、


051121_08.jpg
最後。これが強力でした。ぱりぱりのごはんの上に具がどさーっと載せられた瞬間じゅっといいながら湧き上る湯気!海鮮おこげだーっと思ったのもつかのま。のっている具がなんだかカラフル、、、しかも香りがとてもスイーティ、、、


なんと、フルーツおこげでした。具はスイカにメロンにキウイ。あんかけのようなソースはなんとオレンジ味。

これってデザートなのか食事なのか?????最後までわかりませんでした。しかし完食。

おなかいっぱいで明日の仕事に備える。
前日の睡眠時間のこともありホテルに帰ったらいつ寝たかわからず、気を失うように寝てしまったもよう。
このページのトップへ
前夜の睡眠時間1時間弱。今回は事前準備と別の用事があって前の日もばたばたしていた。よく起きられたと自分でも感心。

いつもは、もう旅慣れているからと余裕かましすぎて出発5分前にケースにもの詰め込んでいたり、3分前にパスポートを探しまくっていたりして飛行機に乗るまで安心できなかったけども、今回は割りと悠々。オトナになった?


さすがに搭乗したらすぐに爆睡で、気がついたらもうとっくに水平飛行。で、行きのANAの機内食。

ohiru051121.jpg
真ん中手前のサラダとマリネみたいなのはおいしかったがメインがいまいち。メインはシーフード(白身魚が一番たくさん)を炒めた上になにやら濃厚なソースがかかっていてサフランライスが少し。まあ標準的な機内食風。日本そばがついたのはちょっとキャセイ風。

食べ終わったらまたうとうと。なんでほとんど一瞬で上海に着いちゃいました。機内でもちょいと仕事していこうとノートPC持ち込んだけども一回も開かず。ちょっとあせりながらもまあいいか、と。 このページのトップへ
また上海です。残念ながら仕事です。
では行ってきまぁす。 このページのトップへ
ちょっと前だけど、ベトナム旅行から帰ってきた友人におみやげにもらったオイルポット

oilpot.jpg

なかなかいいよ。 このページのトップへ
9月だか10月だかの横浜サルサナイトでの若菜さんのレッスンでパチャンガというのをやった。

リズムの"オモテ"でのる楽しいステップ。


で、ここ最近聞いている、ラテン・デ・ニッポンの2曲目に、

パチャンガで踊ろう / 富永ユキ

というのがはいっていて、これにあわせて踊ってみたら実に合うね。当たり前だけど。

自分的にはこのパチャンガは覚えたてで実に新しいステップなんだけどそれがこんなに古い曲に合わせて踊れるというのはとても面白い。楽しいね。


いろいろ検索してたらこんなのも見つけた。かぶってる曲もあるけど、、買うか。


このページのトップへ
届いた包みを開けてみたらこんなものが、、

uni.jpg
今朝とれたらしいウニがふたつ。人口塩水にはいっています、だって。人口塩水ってなんだ?

甘い。醤油がいらない。



ikura.jpg
イクラは醤油漬けだった。かなりたくさん。食べ切れなさそうだけどパスタにしたらもったいない?



tarako.jpg
タラコ。けっこう小ぶり。


hokke.jpg
魚へんに花とかいてホッケ。焼くか、、でも網ないな。


yotsuba.jpg
よつ葉のバター。知らないメーカーだがなんだかおいしそう。


今からよいワインを買える店も空いてないので、普段はあまり飲まない日本酒でちょこちょこつまむ。でもこの布陣であればお酒より炊きたてごはんのほうが正解だったな。明日の朝のためにおいしいパン買ってこなきゃ。


BGMは、70年代歌謡曲+ラテン・デ・ニッポン

古い歌謡曲と海産物で晩秋の夜は更けゆく。


-------------------------------------------

バター、なかなかおいしかった。塩分ひかえめのあっさり系だけども味わい深い。料理に使ってみたいな。
このページのトップへ
晴れた日が続いて気持ちいいね。

ohiru051109.jpg

イエローカリー
豚肉とアスパラのオイスター炒め

の2チャニッ。
このページのトップへ
代々木の名店、ビストロひつじやにいってきた。(1回目)(2回目)

最初に出てきたチュニジア餃子は、写真撮り忘れ。三角形の大きな揚げ餃子の中に半熟卵をはじめとする具がはいっている。ハートランドといっしょにパリパリ食べる。


1107_01.jpg
ひつじのたたき(お薦め№1らしい)。いっしょにいったケロヨンさんに、以前に山羊のレバーだかを食べてひどい目にあったという話をきいて、結構びびりながら注文したが、全然クセもなくおいしい。大きいほう頼んでもよかったかも。


1107_02.jpg
焼き魚(鯛)。ひつじを食べにきたのに魚を注文するのは、、と思って躊躇していたが、かっこいい店員さんのお薦めにのっかり頼んでみた。ら、これがなかなかおいしい。ガーリックがかなりきいていてオリーブオイル仕上げ。魚はかなり大ぶりで食べるとこいっぱい。これは頼んでよかった。


1107_03.jpg
スペアリブのいぶし焼き。桜の木のチップでいぶしてあるらしい。ひつじやにきてこれを食べずして何を?という感じのメニューですね。骨のとこを紙でくるんでもってがぶっとかぶりつく。肉くってるぞーと実感できる。


1107_04.jpg
シシカバブ。いろいろ種類があったので南米ペルー風のにしてみた。が、これがなかなかに辛い。一口食べてすぐに辛さがくるけどもその後も辛さがどんどん増してくる。いわゆる普通のシシカバブとは違った風味。

以上の料理に暖めたパンがつきました。これはランチのときにもでるやつ。最後にクスクスチャーハンをと思っていたけども結構ビールも進んでしまい、おなかもできあがってきたので〆にデザート。


1107_05.jpg
焼きバナナ。バナナを外側真っ黒にやいて、さくっと切れ目をいれたところにココナッツアイスをのっけてある。なかなかいけるよ。 このページのトップへ
ついにやってきました。このシーズン!
上海から帰ってきた友人にお願いして生きたままのオスメス1匹ずつ仕入れてきてもらいました。

上海蟹!!!



1106_01.jpg
こちらはメス。卵がたぁくさん!


1106_02.jpg
オスを開いたところ。ミソとゼラチンみたいな部分。がたっぷり。

もうこの味を表現する言葉はありません。次は現地に乗り込んでいくぞ! このページのトップへ
ohiru051102.jpg

今日はかなりの行列だったので、人が少なくなることを見計らって買いに行く。

レッドカリー
鶏肉とバジルのピリ辛

のふたつでいこうとおもったら鶏肉バジルにつく目玉焼きが品切れだったため、かわりにソムタムをのせてもらった。期せずして3チャニッ。食べているとその混ざり具合がとてもいい感じ。 このページのトップへ

Information

てつ          
  • Author: てつ          
  • ■5年前にやっていたバンドのサイトのいちコンテンツだったこのブログも名前を変えてまだまだ継続中。

    その間にサルサというダンスに大きくはまり、ついにはブログのタイトルにまでして内容もほぼサルサ一色になってしまったこともあるけれど、ここにきてまた大きく方向を転換しそうな状況です。

    といってもサルサを辞めてしまうわけではけしてなく、より大きなくくりでの音楽、ダンスというものに邁進していく所存。その軸はおそらく一生変わることなないでしょう。

    しかし最近ではそれに加えて耐久系のスポーツにも手を染め始め、本当に大丈夫かと自分でも思わんばかりに活動範囲を広げています。

    実際の体力はもちろんのこと、新しいことを始めるための精神的体力はもっと無くしたくない。いつも心の翼を広げていろんなものを俯瞰し、夢中になれるものにはためらうことなく心血を注いでいきたい。

    ■最近のキーワード
    ・音楽
    ・ダンス
    ・耐久系スポーツ
      ラン
      バイク
      スイム
    ・山、海
    ・カラダ年齢
    ・ヨガ
    ・格闘技
    ・チャラい外見
    ・玄米菜食

    (2009.5.27)

Search

Calendar

10月 « 2005年11月 » 12月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。