NON STOP SALSA

最近スパムコメントがやたらと多いので承認つきにしています。携帯で出先からもばしばし承認するのでコメントいただいた方は少しだけ待っててくださいな。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
今年前半戦が終了。ちょっとあせる。
明日からはスパートかけるよ。全部に。
スポンサーサイト
このページのトップへ
会社で組織変更があり、今の課のメンツが今週で最後なのでたまにはいっしょにランチを、ということになりいってきました。

会社近くの静安飯店。安くて量が多いので、人気の店だ。

課に一人中国南京出身の人がいて、お店の人も中国人なのでオーダーは中国語。やっぱりほんものなのでとてもカッコいい。

060629_02.jpg

ホイコーロートマト卵炒め肉団子


060629_03.jpg

それプラス、マーボー豆腐チンジャオロース

やっぱり中華料理は最低でもこれぐらいの人数でいくべきですね。多くの料理と会話が楽しめる。円卓でなかったのが少し残念。

その南京出身の人に、「大きな肉団子は、獅子頭というんですよ」と教えてもらった。

中国語はもちろんのことだが次の課題は、料理をためらいなく残すことか。 このページのトップへ
たまには会社の同じグループのみんなに差し入れ

060629.jpg

というのはウソで、遅刻したのでお詫びのつもりで買ってきた。

新宿ルミネは1・2・3ファクトリーのエッグタルト。


以前にマカオで食べて以来大好きなデザートになりました。国内ではここが一番おいしい。

このページのトップへ
060628.jpg

タイランチ

豚肉のタイハーブ添え
レッドカリー


暑くなってきましたね。でももっと暑くなってほしいね。
このページのトップへ
最近週末のサルサがらみのイベントが増えてきて、体がいくつあっても足りない。おまけに新しくできたクラブもいくつかありそのオープニングイベントまで、、、

贅沢な悩みですね。

梅雨あけたらフルスロットルでいくぞ!
このページのトップへ
できたらしい。

Latin Club Leon

ちょっと駅から遠いがまずはいかなきゃね。 このページのトップへ
教会でのレコーディングのあとは、もちろん出撃。

最近、近場で踊るようにしているので行き先は北沢タウンホール
今晩はオーガニックサルサでした。

レッスンのちょうど終わりごろに到着したけど今日は人がとても少ない。あとで少し増えたけどもかなり余裕をもって踊れるぐらいでした。あいかわらず床はつるつる。

今日の進歩
フリーのターンでようやく3回転4回転ができるようになった!回り終わりにふらふらしちゃうんだけどそれでも今までは2回転しかできなかった。ちょっと進歩。

回れることがわかったらあとは練習して安定させればいいだけだしね。でも3回転を4回連続してやったらそれだけでもう気持ち悪くなった。いつもぐるぐるに相手を回しているのでちょっと反省。

今後はいたずらに回す数を増やすんでなくて瞬発力重視でいこう。めりはり、わびさび。もっともそのほうが目が回るという話もあるが。まあお互い練習ですね。

2時間ほど踊ったあとは、遊牧民にてモンゴル料理

前回とは違うメニューにしました。

カロリー控えめ塩ゆで肉
カリッとした大型焼きギョーザ
肉と野菜の手巻きナン
ウランバートルサラダ

それに、

アイラグ(馬乳酒)
モンゴルビール

などでした。ここは料理の多くにハーフサイズというのがあって、少人数でいってもたくさんの種類が楽しめるのがいいね。おかげで飲んで食って一人2000円弱と非常にリーズナブルなお値段でした。

でもまだモンゴルチャーハンモンゴルうどんなどが気になるなぁ。あとはデザート類とか。

おなかがいっぱいになったあとは漫読家の人を少し見物して帰宅。

このページのトップへ
といっても自分のバンドでもなく、自分がギターを弾くでもない。

ある歌録りのお手伝いをしてきました。


場所は下北沢の富士見丘教会。そこに録音機材を運びこんで、アカペラの歌を収録してきたのです。

内容としては芸術家の村岡さんという方が自分の作品を展示するときにバックに流すクラシックの独唱の曲。それをちゃんとした声楽の女性が歌うところを、その教会のアンビエンスも生かして録ってほしいとのこと。

面白そうなので引き受けちゃいましたが実は結構プレッシャーでした。

歌一本で、場所もスタジオでもなく、オケもまったくなしの気合一発。シンプルではあるけれどていねいさと深みが要求される仕事。



しかし、普段何気に使っているスタジオのありがたみがわかりましたね。

できるだけシンプルな機材と思ったけどもレコーダーマイクスタンドケーブル類モニター用の簡易PA装置などを運び込んでセッティングするだけでそこそこ時間がたってしまいます。

歌は、本職の人なのでそれはもうちゃんとしたものでした。単に声量というだけでなく、弱く歌うときでも声は通り、音の途切れる最後の一瞬まで気を抜かない。普段自分が接しているポピュラー音楽とは一味もふた味もちがってました。

でもそこにさらに村岡さんの指示がいろいろ。その指示に応えようと集中している様子がとても印象的。結果、試行錯誤の上2時間程度で1曲録りおえました。

今回わかったのは、マイクのオン、オフの加減。マイクからどれぐらい離れて歌ってもらうかということなんだけどそれで教会の響きの量が相当変わってくるね。

最初はアンビエンス用のマイクをたてようと思ってたんだけども、マイクとの位置、角度などで十分にまかなえる。別トラックじゃないからあとで響きの量はかえらんないんだけども。

録りはなんとか無事終了してあとはミックス。まだ作業続行中です。歌一本だからミックスってほどじゃないんだけどもこれがかえって難しい。

完全に歌だけだからほんとに細かいところまで手を抜けないし、距離感、声質、曲を通してのダイナミクスなどこだわりだしたらそれこそきりがない。

歌い手さん、プロデューサー(村岡さん)の意向をできるだけ生かした上でベストの1曲に仕上げる。ひさしぶりにエンジニア魂が爆発しちゃいました、って自分のバンドやデモぐらいしか録音したことがないのでほんとにたいしたことはないんだけどもね。

でもここ最近ではめずらしく音楽した日でした。


しかしなんだかもっと録音したくなってきたね。シンプルなユニットの録音とか引き受けちゃおうかな~。

まず自分が弾け、という話もありますが、、 このページのトップへ
前回はタクシー運ちゃんのよくない話を書いたので今回はちょっといい話。

今は昔の10年以上前、大阪に出張にきていて、夕方の新幹線でどうしても東京に戻らないといけない状況。その午前からの大阪での仕事が押しに押して、なんともうその新幹線に乗る時間の20分前になってしまった。東京での仕事は少しでも遅れると取り返しのつかないようなものでもう絶対絶命。

場所はミナミの長堀橋近辺。そのとき6人で行動していたので、3人3人に分かれタクシーに飛び乗る。

俺がのった組。

我々「すんません、めちゃくちゃ急いでるんです!20分で新大阪までいってください。~時~分の新幹線にどうしても乗らないといけないんです。」
運ちゃんA「何?20分で新大阪やて?」

ちょっと怖い感じのその運ちゃんは我々を一瞥したあと、まるでテレビドラマのようにタイヤを鳴らして加速&進路変更をしながら、

運ちゃんA「兄ちゃんら、ついてるな、ええ車にのったで。」

新御堂にはいるやいなや、車は時速1**キロ以上で巡航。前に車がつまっていたらクラクション鳴らしてあおりまくり。

かなり怖いが急いでくれといった手前、スピード落としてくれともいえない。

こっちをちらちら見ながら、

運ちゃんA「あのなぁ、俺は前に名古屋から大阪までお客さん乗せたけど一回も抜かれへんかったんや!」

こちらはほとんど声も出ず、

我々「おっちゃん、頼むから前向いて運転して、、、」

というのが精一杯。
それをまったくききもせず、

運ちゃんA「あ、違った、ポルシェにだけは一回抜かれたわ。あれはしゃあない。」

おそらく80キロぐらいで走行している他の車をまるで止まってる車のように追い越しながらあっという間に新大阪の駅が見えてきた。

我々:大拍手
運ちゃんA「やっぱり俺運転うまいんかな~?」

我々「ありがとう、おっちゃん最高やで!」

なんと新幹線の時間7分ぐらい前についた我々は小走りでホームに直行。余裕で乗れてしまった。

そのころ、もう一組の3人は、あと20分で出る新幹線に乗る必要がある旨を運ちゃんに告げたところ、

運ちゃんB「このままいってもたぶん無理や、地下鉄の駅で降ろしたるさかいそれ乗っていきなさい。そのほうが確率高い。」

速攻で地下鉄御堂筋線の駅前で降ろされ、

運ちゃんB「ほら、お金いらんからさっさといき、はよはよ。」

おっちゃんの機転でその3人も地下鉄にすぐに乗り、なんと我々6人はその新幹線の車内で再開できたのでした!

手段は違えど結果的に新幹線に間に合わせてくれた大阪の運ちゃん二人。プロを感じました。 このページのトップへ
今日はとても疲れていたうえに荷物が多かったので新宿から自宅の笹塚までタクシーで帰りました。

新宿南口の甲州街道沿い(もちろん八王子方面向きで)でタクシーに乗り込みました。

「えーと、笹塚までいってください」
運ちゃん「はい、道がわかりませんので教えてください」

「!!!!!!(かなりびびる)、、、、えーと、まっすぐいってください。一回もまがらずまっすぐ行けばつきます。止まるところは説明します。」

運ちゃん:無言で車を出し、カーナビに笹塚と打ち込む。カーナビ、まっすぐ直進を示す。

しばらく走ったあとの交差点の少し手前、

運ちゃん「ここ、側道にはいったほうがいいですかね?」

聞くタイミングが悪かったので、説明する前に勝手に側道にはいってしまう。説明する気なくす。

「えーと、、、どっちでもいいのでおまかせします。とにかくまっすぐです。」
そのあとすべて側道にはいり信号にひっかかりまくる。

運ちゃん「ここ曲がります?」
「え、えーとさっきもいいましたがまっすぐです。ずっとまっすぐですよ。」


運ちゃん「そろそろですか?」
「えーと、とまるところの少し前になったら指示出すのでそれまでとにかくまっすぐいってください」

なんとか着く。メーター1220円をさしているのに、

運ちゃん「1320円です」
「ええかげんにせんとしばくぞ、こら」(うそ)

ちゃんと間違いを指摘しました。


えーと、疲れが増したのでもう寝ます。
このページのトップへ
School of Rock

会社最寄駅の駅ビルのCDショップで衝動買い。

2年前にすでに見ているがDVDで持っててもいいなと思っていた。1500円だったので買わない理由はない。

好きなことをやりたいだけやってていいんだなと思わせてくれる映画。
何か壁にぶちあたっている人にもよい映画。
何かに熱くはまっている人にもいい映画。
最近なんだか楽しいことないね、っていう人にもいい映画。 このページのトップへ
先日、あるサルサ場にて、彫りの深い、でも笑顔のさわやかな顔のお兄ちゃんに話しかけられた。

お兄ちゃん「あのー、沖縄出身ですよね?」
「へ?違いますよ。」

お兄ちゃん「またまたー、そういう顔してますよ。」
「いえ、大阪出身です。」

お兄ちゃん「お互いわかりますよね、沖縄出身って。」
「いやいや、だから違いますって。お互いって、、、」

お兄ちゃん「ここにはあと何人かいますよ、沖縄の人。」
「ええかげんにせんとしばくぞ、こら」
(一部うそ)

でもなかなか信じてもらえませんでした。

ええ、ええ、わかってますよ、濃い顔なのはね。先日もまた「日本の人じゃないですよね?」っていわれたし。(何人話



少し前に、会社の南京出身の同僚に、「ウイグルの人みたいな顔をしている」といわれた。新疆ウイグルウイグル族だ。

どんな顔をしているのかよくわからなかったので、ネットでちょっと検索してみた。が、あんまり人々の顔がたくさんのってるサイトが見当たらない。

ためしに、中国にいったときに、初対面の人に「私は新疆人です」とか「ウイグル出身です」とかいってみると、ほぼ全員が信じる。

そういえば羊肉串(ウイグルの食べ物)好きだしなー。

濃い顔に濃い味の食べ物か。まあいいや。

だれか、ウイグルの人の顔が多くのってるサイトがあったら教えてくださいな。


あ、しかしここ見てみたら、「ウイグル族は歌と踊りが得意で、踊りは軽やかで美しく、回転が多くて変化に富んでいる」だって。やはりウイグルの血がまじっているのか、、 このページのトップへ
まず13時~17時 アフタヌーンサルサ

自宅からチャリでわずか2分程度のところ。レッスン3コマでフリータイムが1時間。やはり地元で踊れるというのはいいもんですね。

レッスンでやってたコンビネーションはシンプルで短めではあったけど応用度が高そうなもの。今の自分には、簡単だけれどもまだ自分がやっていないもの、をたくさん練習することだと思った。何回もやって体にはいってくるときっといろんなワザとつながってくるでしょう。収穫。

招待してたインストラクターはこの日はMIKIさん。前日、サルサリブレ@ベルファレゲトンのパフォーマンスを終えたばかりで、みんなから拍手で迎えられていた。女子向けのスタイリングのかっこよさはさすがでした。


やはりほんとに自宅近くで踊れるというのはいいね。気軽。なんと日曜は下北でもやっているらしい。土日にぽっこり時間があいたようなときはいってみることにする。他のイベントやレッスンとも時間はかさならないしね。

次。17時40分~21時禁煙サルサ

六本木に向かうかと思ったら、来日中のSalshaさんのメールで今日は原宿だと気づく。やばいやばい。

駅で彼女と合流してそのまま会場入り。

今日の会場は床がつるつるだったよ。今まで踊ったフロアの中で一番すべる。あまりに滑りすぎなので主催者も滑り止め用の雑巾(靴の裏を湿らせる)を用意していたけどあちこちで転んでる人がいたね。女性側はかなり回転するので深刻だけれど男性にも影響は大。ふんばれない。

なんとか会場内の比較的滑らない場所をみつけて踊ってました。

ここでも1レッスンとフリータイムが2時間半ぐらい。

最後の1時間はかなりばてばてで1曲踊っては1曲休みのような状態になってしまった。でも最後は力をふりしぼって3曲連続で踊ったよ。

場所が六本木でもないし(会場が六本木のときは近くにサルサバーがたくさんあるのでだいたいどこかの店に流れる)、もうすでに7時間以上おどって足腰はほぼ限界だし、心は折れていた。

でもSalshaさんのひきとめ工作にあい、とりあえず六本木でごはんを食べることに。ここでミキティ合流。

六本木までタクシーで移動し、今日できたばっからしいおすし屋さんで、ちらし丼とかびんとろ丼とか食べる。なんだかんだで1時間ぐらいゆっくりしてたので、ちょっと復活し、次の店の相談をはじめる。

協議の結果、CARIBEへ。ワールドカップ中なせいかほんの少しだけいつもよりすいてた。でもあっという間に終電になったのであわてて駅までダッシュで帰りました。

お昼1時からおどりはじめ、0時半近くまで。移動と食事時間をのぞいても10時間以上の耐久サルサ、完走です。

Salshaミキティのお二人は迷わずオールでした。でも彼女たちも5時から踊り始めて始発は5時ごろだから、、、俺以上に踊っている??勝ち負けでいうと負けかも。


さて、今夜はどこで踊りますかね、、、
このページのトップへ
13時~17時 アフタヌーンサルサ
17時40分~21時禁煙サルサ
21時~CARIBEEl Cafe Latino

今日は、ざっと考えて10時間以上耐久サルサです。
今週は、少しストレスフルな1週間だったのでとにかくたくさん踊りたい気分。

いろいろみてたらなんと地元笹塚にてサルサやってるとこがあったようで、これはいかねばなるまい。

アフタヌーンサルサって以前から名前だけは聞いてたけどどんなんだろう??

禁煙サルサ。システムがかわってからとんといかなくなってしまったけれど。まあたまにはいいか、と。たくさん踊るにははずせない場所。

最後はやっぱりこのふたつ。のどちらか。状況見てほかのとこいくかもしれないけど、とりあえず終電まではいるよ。それ以上はさすがにきついだろう。

どこまでもつかわからないけど10時間(以上)耐久サルサ。いってきまーす。 このページのトップへ
じめじめしてやだね。
でも今晩はサルサリブレ@ベルファーレ。 このページのトップへ
サルサバーCABRERAZZ

誰かいったことある?El Cafe Latinoの上っぽいんだけど。

あの最初の階段のぼっていって、El Cafe Latinoの左側の入り口通り越してさらに上に続く階段のぼっていくのかな?

El Cafeをスルーするのは相当勇気がいると思うんだけど。


でもレッスンとかも各曜日うまってるみたいだし、一度いってみっか。 このページのトップへ

Information

てつ          
  • Author: てつ          
  • ■5年前にやっていたバンドのサイトのいちコンテンツだったこのブログも名前を変えてまだまだ継続中。

    その間にサルサというダンスに大きくはまり、ついにはブログのタイトルにまでして内容もほぼサルサ一色になってしまったこともあるけれど、ここにきてまた大きく方向を転換しそうな状況です。

    といってもサルサを辞めてしまうわけではけしてなく、より大きなくくりでの音楽、ダンスというものに邁進していく所存。その軸はおそらく一生変わることなないでしょう。

    しかし最近ではそれに加えて耐久系のスポーツにも手を染め始め、本当に大丈夫かと自分でも思わんばかりに活動範囲を広げています。

    実際の体力はもちろんのこと、新しいことを始めるための精神的体力はもっと無くしたくない。いつも心の翼を広げていろんなものを俯瞰し、夢中になれるものにはためらうことなく心血を注いでいきたい。

    ■最近のキーワード
    ・音楽
    ・ダンス
    ・耐久系スポーツ
      ラン
      バイク
      スイム
    ・山、海
    ・カラダ年齢
    ・ヨガ
    ・格闘技
    ・チャラい外見
    ・玄米菜食

    (2009.5.27)

Search

Calendar

05月 « 2006年06月 » 07月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。