NON STOP SALSA

最近スパムコメントがやたらと多いので承認つきにしています。携帯で出先からもばしばし承認するのでコメントいただいた方は少しだけ待っててくださいな。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
今日、新宿のレオンにいったらいつもと違う雰囲気のパーティ。

そこで始まったクイズ大会になんとなく参加してたら勝ち残って賞品もらっちゃった。


その賞品とは!

なんとミツエさんのクラスの1ヶ月フリーパス!!

やったね♪

来年はいろいろとがっつりいけそうだ!


スポンサーサイト
このページのトップへ
毎年この時期になるとこんな内容の日記を書いてるような、、

どうせ年末に大掃除なんてできるわけもないから、今のうちからちょこちょこモノを捨てる。捨てないともうダメ。

絶対にないと困るもの以外廃棄。ないと困るものでもいつ使うか分からないもの、1年ぐらい使うあてがないものは廃棄。置いといてスペースがとられることを考えると一旦捨ててまた必要なときに入手するほうがよい、、、かも。ひろーい部屋を持ってる人は別だけれど。

でも広ければ広いだけモノが増えて結局同じような気がする。だとしたら部屋の広さは関係なく、あとは広く使うかモノであふれさせるかどちらか。

特に今回は思いついたことがある。年内にベッドを廃棄して部屋で練習できるスペースを広くする。これは今年中の目標。実働日はあともう何日もないけれど。絶対やる。

PCのHDDでも同じようなことを考えている。いくら増設してもあればあるだけすぐにデータで埋めてしまい、検索性が落ちるだけ。現在すべてあわせると1.75T。

なので内臓のドライブを500Gぐらいにしてそれ以外に増設はしないときめる。その中でやりくりすべくデータを制限する。結局はこのほうが効率的で生産性もあがるような、、

でもね、モノを増やすのは簡単なんだけど捨てるのは意外と難しいんだな。

サルサも同様。全く新しいことをマスターするより、ついてしまった変なクセをとるほうが何倍も難しい。

そういう意味でも今の自分はよけいなモノを捨てる時期だ。

このページのトップへ
なかなか情報が出回らなかったけどようやく発表になったようです。

詳細

興味ありパフォ、WS
30日
Pegao de Juego(友人出演)

31日
Gavin Chan & Sally
Aya & Kita

あとGavin Chan & SallyのスペシャルWS。
特に、On1ダンサーのためのon2入門。これ必須でしょ。俺のためにやってくれるようなもんだ。他のふたつも受けたいな。

このページのトップへ
LAスタイルがon1なら、NYスタイルはon6なんじゃないか?

逆にNYon2ならLAはon5。

そう考えると合点がいく。 このページのトップへ
1~2年前まで、いつものライブハウスというと、クロコとかテイクだった。

特にクロコは今までで一番たくさん出演させてもらっているところだ。

SALSA DE DANCINというイベント?ライブ?も毎月やっていて、そのときは店員さんがなんとなくラテンぽい格好をする。聞いてみるとその日出演するバンドのジャンルに合わせて5パターンぐらい制服があるらしい。

クロコ日本で一番最初にサルサのライブをやった店でもあるらしい。そういえば、いつだったかまだサルサにはまる前にその頃やっていたバンドのブッキングの用事で出向いたとき、今から思えばおもいきりサルサのライブをやっていたことがあった。

なんだかバンドにドラムはいないし、出演者の人はみんな袖ひらひらにエリが巨大でヒゲのおっちゃんたち、お客さんはくるくる踊りまくってる、なんじゃこれは?とびっくりした覚えがある。


テイクは最後のほうによくやっていた小屋。個人的には都内で一番やりやすい。リハの時間もしっかりとってくれるし、だいたいステージ上のモニターのバランスにほぼ注文をつけなくてすむ。リハの1曲目がはじまったらすでにものすごくやりやすいバランスになっていて感動する。プロの仕事だなと思う。

先日も1年前までやっていたバンドChittyChittyMachinemSevenと名前を変えて1年ぶりにライブをやるので見に行ってきたところ。


さて、最近ではいつものライブハウスというと、、、

毎週のように踊りに行く店が六本木のとある雑居ビルの2階にあるのだけれど、そのビルのエントランスにはいって階段をあがっていくとまずライブハウスに出くわす。

そのライブハウスには一度も入ったことはないけれど、どうやらロック系の小屋のようで大音量で通路までその音は届いている。

その選曲がなかなかすごく、LAYLAHighwaystar天国への階段Hotel Californiaと名曲中の名曲ぞろい。というか自分だったらちょっと気恥ずかしくてなかなかできないセットリスト。

してその演奏は、というと、、、、なかなか微妙なものがあって、当時の自分であったら酷評してたかもしれない。でも演奏の場から離れた今の自分にとっては選曲における勇敢さも含めて頑張ってるなぁという印象。

逆に演奏がちょっとしょぼくても歌がめちゃくちゃ上手かったらかえってカッコイイんじゃないか?と少し思う。でもそのライブハウスから漏れ聞こえてくる音はけしてそんなことはなく、いつも歌も演奏も微妙な感じ。でも生の演奏はほっとする。

いつもそのビルの階段を上るとき、今日はどんな曲やってるかな?と楽しみにできる。それが最近の自分のいつものライブハウス。

もう演奏する側としてのいつものといえるライブハウスに出会うことはないのかな。


このページのトップへ
自宅近くの居酒屋なんだけど。

普通は「~はじめました」って書くよねえ。

071204.jpg
このページのトップへ
3年ほど前のラテン音楽をたくさん聴き始めた頃。

メレンゲという種類の曲があるということは知っていた。でもこれがそうだと意識して聞いたことはなかった。バチャータのほうはその言葉を聞いたのもはじめてだった。

はじめて聞いたときの感想。

メレンゲ:何?このシンプルなアレンジ?ちょっと安直すぎない?1曲これで通しちゃうの?ほんとに?きついなあ。聞いててすぐ飽きそう。途中でリズム変えたくなっちゃうね。

バチャータ:何?このスカスカのチープなアレンジは?なんだか宅録をはじめた中学生がはじめて録るオケみたい。ギターの音もちょっとねぇ。なんとかできないのかな?これってCD?になってる曲なの?

ってな感じだったと思う。



それが今や、、ナニヲカイワンヤ、、




最近特にメレンゲとバチャータを踊るのが楽しくてたまらない。
このページのトップへ

Information

てつ          
  • Author: てつ          
  • ■5年前にやっていたバンドのサイトのいちコンテンツだったこのブログも名前を変えてまだまだ継続中。

    その間にサルサというダンスに大きくはまり、ついにはブログのタイトルにまでして内容もほぼサルサ一色になってしまったこともあるけれど、ここにきてまた大きく方向を転換しそうな状況です。

    といってもサルサを辞めてしまうわけではけしてなく、より大きなくくりでの音楽、ダンスというものに邁進していく所存。その軸はおそらく一生変わることなないでしょう。

    しかし最近ではそれに加えて耐久系のスポーツにも手を染め始め、本当に大丈夫かと自分でも思わんばかりに活動範囲を広げています。

    実際の体力はもちろんのこと、新しいことを始めるための精神的体力はもっと無くしたくない。いつも心の翼を広げていろんなものを俯瞰し、夢中になれるものにはためらうことなく心血を注いでいきたい。

    ■最近のキーワード
    ・音楽
    ・ダンス
    ・耐久系スポーツ
      ラン
      バイク
      スイム
    ・山、海
    ・カラダ年齢
    ・ヨガ
    ・格闘技
    ・チャラい外見
    ・玄米菜食

    (2009.5.27)

Search

Calendar

11月 « 2007年12月 » 01月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。